SFアニメ人気ランキング1位〜16位!今のアニメはどこからどこまでがSFなのか?

 この記事では、SFアニメについてまとめています。今はたくさんのジャンルのアニメがあるため、どこからどこまでがSFアニメと言えるのでしょうか?あなたの気に入るアニメはランクインしていましたでしょうか?

関連リンク

SFアニメ(エスエフアニメ)は、科学、もしくはサイエンス・フィクションをテーマとしたり、あるいは舞台背景や小道具に用いたアニメ作品を指す。 SF自身の定義が曖昧なためSF小説と同じく、ある作品がSFか否かの明確な線引きは難しい。製作者側からジャンルとして名乗る場合もあれば、「SFだと売れないから」と他のジャンル名を名乗る場合もある。…
840バイト (78 語) – 2022年4月18日 (月) 12:13

ランキング

 

9月12日は「宇宙の日」と言われています。

【大きい画像を見る】[好きな“SF”アニメは? 2023年版]ランキング1位~5位

宇宙飛行士の毛利衛さんがスペースシャトルで初めて宇宙へ飛び立った日が由来です。

宇宙といえばSFを思い浮かべるアニメファンも多いと思います。1963年に放送がスタートしたTVアニメ『鉄腕アトム』を筆頭に、これまで数多くのSFアニメが制作されてきました。その中でアニメ!アニメ!読者から人気を集めるタイトルは一体何なのでしょうか。

そこでアニメ!アニメ!では「好きな“SF”アニメは?」と題した読者アンケートを実施しました。8月29日から9月5日までのアンケート期間中に217人から回答を得ました。
男女比は男性約35パーセント、女性約65パーセントで、女性が多め。年齢層は19歳以下が約50パーセント、20代が約15パーセントと若年層が中心でした。

■今年も『銀魂』がトップ! スピンオフのアニメ化も決定

第1位

1位は『銀魂』
支持率は約23パーセントで、3年連続トップでした。

『銀魂』は「週刊少年ジャンプ」連載のマンガが原作。宇宙人の襲来によって開国した江戸の街で、何でも屋を営む坂田銀時が大騒動を巻き起こしていきます。
「SFと時代劇という相反する設定が上手く混ざり合い、歴史偉人キャラをもじったキャラが登場するなんて斬新!」や「ギャグで大暴れする回と、シリアスで泣かせる回のギャップが激しすぎ。時事ネタやパロディもあり、もはや何でもありなところが、SF時代劇の『銀魂』らしいですね」とどんなジャンルも飲み込んでしまう作品だという意見が届いています。スピンオフ『3年Z組銀八先生』のアニメ化が決まったこともあり、昨年以上の支持率でトップとなりました。

第2位

2位は『ワールドトリガー』
支持率は約10パーセントで、2年連続の2位でした。

本作は「週刊少年ジャンプ」で連載され、現在は「ジャンプスクエア」にて連載中のマンガが原作。近界民(ネイバー)と呼ばれる怪物の侵略を阻止するため、界境防衛機関・ボーダーの少年少女たちが活躍するバトルアクションです。
「遅効性SFというキャッチコピーが本当にピッタリ。個性あふれる大勢のキャラクターや、チームごとの特色が出ているバトルが大好き」や「ボーダー隊員はS級からC級に分かれていて、それぞれが扱う武器や、隊員同士が戦うランク戦も面白いから。発想力で勝利を掴むところも見どころ」と戦闘シーンや登場人物が人気を博しています。

第3位

3位は『機動戦士ガンダム』
支持率は約6パーセントで、昨年の4位からトップ3に入りました。

『機動戦士ガンダム』は1979年から80年までオンエア。人類が宇宙に移民するようになった近未来を舞台に、地球連邦とジオン公国の戦争に巻き込まれた少年アムロ・レイを主人公とした物語です。
「SFロボットアニメの金字塔。この作品がなければガンダムシリーズはもちろん、プラモデルのガンプラも発売しなかったから。アニメだけでなく玩具業界にも大きな影響を与えた作品です」や「軍人たちの人間ドラマを通じて、戦争の本質や大人の醜さなど、さまざまなことを教わりました」と登場人物たちの駆け引きやメディアミックスなどに触れたコメントが。

今年は『水星の魔女』が放送され、来年には『SEED FREEDOM』の公開が控える「ガンダム」シリーズの第1作が上位にランクインしました。

■そのほかのコメントをご紹介!

『ケロロ軍曹』には「居候が侵略者というのが斬新。ケロロ小隊たちのクセの強さやパロディ、くだらない作戦が楽しいです。サンライズによる戦闘シーンも本格的で、合体ロボ・ゴッドケロンの登場回がカッコ良かった!」。
『翠星のガルガンティア』には「近未来の水没した地球が舞台の海洋SF。支援AI、異文化交流、人類の進化など、わくわくする要素が山盛り! その中で描かれる日常がまぶしくて愛おしい」。

『イノセンス』には「小学時代にテレビCMで興味を持ち、映画館まで観に行きました。大人のアニメの存在と魅力を教えてくれた作品で、未来は本当に『イノセンス』のようになるんじゃないかと衝撃を受けたから」と劇場作品にも投票がありました。

2023年版では上位の順位は変わらず。今年も長期シリーズのタイトルを中心に、バラエティに富んだ作品が揃いました。

■ランキングトップ20

[好きな“SF”アニメは? 2023年版]1位 『銀魂』
2位 『ワールドトリガー』
3位 『機動戦士ガンダム』
4位 『宇宙戦艦ヤマト』
5位 『彼方のアストラ』
5位 『Dr.STONE』
7位 『銀河英雄伝説』
8位 『マクロスF』
9位 『STEINS;GATE』
9位 『ドラえもん』
11位 『新世紀エヴァンゲリオン』
11位 『涼宮ハルヒの憂鬱』
13位 『ケロロ軍曹』
13位 『PSYCHO-PASS サイコパス』
15位 『東京リベンジャーズ』
16位 『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』
16位 『銀河鉄道999』
16位 『コードギアス 反逆のルルーシュ』
16位 『ソードアート・オンライン』

(回答期間:2023年8月29日~9月5日)

※本アンケートは、読者の皆様の「今のアニメ作品・キャラクターへの関心・注目」にまつわる意識調査の一環です。結果に関しては、どのキャラクター・作品についても優劣を決する意図ではございません。本記事にて、新たに作品やキャラクターを知るきっかけや、さらに理解・興味を深めていただく一翼を担えれば幸いです。
【ほかの画像を見る】『機動戦士ガンダム』(C)創通・サンライズ

『機動戦士ガンダム』(C)創通・サンライズ

(出典 news.nicovideo.jp)

ネットの反応

名無しさん

名無しさん

これ見てると“SF”ってくくり方はもう機能しないんだなと思う

ほて

ほて

ドラえもんは間違いなくSF。すこしふしぎ。

kh

kh

今はもう「SF」って括りにするのが難しいくらいに要素入ってる作品が多いからなぁつかガンダム好きだけどガンダム>ヤマトになったのはショック…まあガンダムは閃ハサや水星あったしヤマトは2199の成功が2202以降で台無し下火になったから仕方ないのか

ASFASFASFA

ASFASFASFA

銀魂ってギャグ漫画だと思ってた

vulvul

vulvul

そもそも70〜80年代にはファファード&グレイマウザーやらコナンやらのハイファンタジーすらSF枠だったんやぞ。「現実の物理法則では説明できないものが混じっている」、つーか「よくわからん」要素が入ってればなんでもSF。雑食すぎて土でも食ってたのがこいつらの出自。オタクに優しいギャルも立派なSFや。

風呂糸P

風呂糸P

「スペースオペラ」も本来は宇宙でやる必要があるのか疑問な作品を揶揄する言葉だったしなあ

TAURUS

TAURUS

宇宙出てきたらSFなのかw

ひろぽん

ひろぽん

どのSFも高度経済成長期に生まれてるのが時代を感じる。

Aigis

Aigis

SFってサイエンスフィクションの略じゃなかったか?