マグマで溶けたビッグマム、どうしてゼウスは生存?悪魔の実の能力「死」と「気絶」で変わる影響!

 カイドウとビッグマムが新世代に敗れ、マグマだまりに落ちた。鋼のような肉体を持つ四皇格の海賊、簡単に溶けて死ぬとは思えないが、同じく四皇だった白ひげも赤犬のマグマに頭部半分と胸を焼かれて致命傷を負った。「世界最強の男」の肉体でもマグマを凌ぐことはできないのであれば、マグマだまりに落ちた2人は死んでいることになる。

出典 ONE PIECE 尾田栄一郎/集英社

では、これまでビッグマムが魂を与えてきたモノ達はどうなるのだろうか?

この記事では、能力者が人や物に与える影響と解除の条件について述べている。ソルソル、キビキビ、ゴルゴルなどのいろんな能力を比較し、筆者なりの答えを導き出したので、ぜひ最後までご覧頂きたい。

体内に入れて発動する能力

これまで悪魔の実の能力は、能力者本人を倒せば影響を受けたモノも解除されると思われていた。しかし今回、そうではないことが上の画像(左下)から分かるのでご覧ください。

カイドウとビッグマムが溶けて死んでいるとして、能力者本人が消えたにも関わらず、ゼウスはワノ国の戦い後に宴を楽しんでいる。これを見ると魂は能力者本人と共に消滅する訳ではないようだ。

では、ソルソルの実の能力は特別なのか?いいえ、そんなことはない。

出典 ONE PIECE 尾田栄一郎/集英社

ソルソルの実の能力は、ソウル(魂)を自在に操ることができる能力で、対象から寿命を奪ったり、物に魂を注入して命を与えることができる。(ちなみにゼウスは雷雲にビッグマム自身の魂を注入した特別なホーミーズ)

ここでポイントなのは、ただ触れるのではなく魂を注入しているということだ!

次にお玉のキビキビの実の能力について見ていく。

キビキビの実の能力は、能力者の頬から引っ張り出した きびだんご を動物やSMILEの能力者に与えると従わせることができる。(SMILEは科学者シーザーが作った動物の力を得ることができる人造悪魔の実)

お玉は鬼ヶ島にて、ほっぺたから取った きびだんご をSMILEの能力者に食べさせて多くの味方を得たが、クイーンの迫力に(1017話)泡を吹いて気を失ってしまう。

出典 ONE PIECE 尾田栄一郎/集英社

ところが能力は解除されなかった。

ドレスローザ編ではシュガーが触れた者をおもちゃに変え、気絶するとおもちゃが元の人間に戻っていたので、てっきりキビキビの実の能力も解除されると思っていたが、そうではなかった。

これはソルソルの実の能力と同様で、能力によって作り出した自分の一部(魂、きびだんご)を対象の体内に入れているからだと考える。(ただし、きびだんごの効果は1ヶ月で、食べた者は元に戻るか懐くかのどちらかになる)

つまりソルソルの実とキビキビの実は、ただ触れて発動したのではなく、対象の体内に入れているので気を失っても能力は解除されない。

カゲカゲの実の能力も同じだが、モリアの場合は島中のカゲを自身の体内に集めた。だが制御しきれず敗れたので、支配から逃れたカゲは元の持ち主のところへ帰った(ゾンビにカゲが入ったままモリアを倒していたら持ち主の元へは帰らない)

結果、体内に入れて発動した能力を解除するには、能力者が支配を解くか効果が切れるのを待つしかない

触れて発動する能力

上記でも述べたが、これまで「悪魔の実の能力によって影響を受けたモノは、能力者本人が気を失えば解除される」ということが分かっていた。(睡眠による「気を失う」は対象外で、外的要因が加わっての気絶を意味する。)

いくつか例を上げると

映画ストロングワールド
フワフワの実の能力で、自身と触れた物を浮かせることができるシキは島も浮かせていたが、ルフィに敗れたあと、その島は地上に落ちていった。

ドレスローザ編
ホビホビの実の能力者のシュガーは触れた者をおもちゃに変え、従わせることができる。ただその対象者に関する記憶は全ての人から消えてしまう。そして能力者本人が気絶するとおもちゃは元の人間に戻る。

映画スタンピード
バレットはガシャガシャの実の覚醒によって島を変形させ、人々の逃げ場を防いだがルフィがバレットを倒し、気を失うと能力は解除された。

これらは「触れる」を条件に発動した能力で、本人を倒すと解除される

ただし、覚醒によって影響を受けた物体は解除されても、元に戻る訳ではないらしい。

原作ではないが、作者が関わった『ONE PIECE FILM GOLD』で発見があった。

GOLDでの敵 テゾーロはゴルゴルの実のゴールド(金)を操る能力者で「能力の覚醒」をしていた。

能力の覚醒とは、通常 超人系の能力は自分がそれになったり(ルフィならゴムになる)、触れたものを変形させること(ホビホビのシュガーは触れると相手をおもちゃにできる)ができる。

しかし、覚醒すると周りの建物など物体に影響を与えるようになる。ドフラミンゴは建物を糸に変えて戦っていた。

テゾーロもそうだ

出典 ONE PIECE 尾田栄一郎/東映アニメーション

テゾーロは周りを金に変えて物も人も引きずり込もうとした。

出典 ONE PIECE 尾田栄一郎/東映アニメーション

しかし、ルフィに敗れて気を失う!

出典 ONE PIECE 尾田栄一郎/東映アニメーション

ところが気を失った後も周りに金が残っていた。

つまり「能力者本人を倒せば、影響を受けたモノは解除される」というのは「操っていたモノ」が能力者本人から解放されるだけで消えてしまう訳ではないということだ。

能力者の「死」が与える影響

ここまでは「能力者の気絶で解除される」ということに関して考えてきたが、能力を発動したまま本人が死ねばどうなるのだろうか?

これに関しては『FILM RED』でコビーが発言しているように「能力を発動したまま能力者本人が死んでしまえば、その影響は永遠に残り続ける」ということだ。

さらにハンコックのメロメロの実の能力に関しても原作で証明されている。

出典 ONE PIECE 尾田栄一郎/集英社

「わらわを殺せば部下共は石のまま、次の能力者には解除できぬ!」これはやはり、能力者本人が死ねば能力の影響は永遠に残り続けるということになる。

これらを踏まえて結論を出すとビッグマムが死んだ今、ホーミーズたちは普通の生き物のように寿命が尽きるまで生きるということになるだろう。

関連記事

はじめにこの記事では「ビッグ・マムvs.キッド&ロー」の戦いを振り返り、何がトドメになったのかを詳しく見て行きます。そして先日放送されたアニメでも、この戦いの決着が描かれましたが、原作とは違う点を見つけたので合わせ[…]

まとめ

ホビホビやゴルゴルのような触れて発動した能力は能力者本人が気を失うと解除されるが、ソルソルやキビキビのような体内に入れて発動する能力は気絶しても解除されない

ただし、能力を発動したまま死んでしまえば永遠に解除されない

※これらは現在明かされている情報を元に導き出した筆者の考察です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ワンピース ONE PIECE 1〜106巻セット
中古 ワンピース全巻

価格:25,490円(税込、送料無料) (2023/7/8時点)