『一ノ瀬家の大罪』が連載終了で作者に否定的な声が多数!

 連載終了という理由だけで作者や前作を否定するのは、なんとも不公平。『一ノ瀬家の大罪』には魅力的なキャラクターと緻密なストーリーテリングがありました。終了が予想外だったとしても、これまでの作品への評価を変える必要はないと思います。

News

 「次にくるマンガ大賞2023」コミックス部門3位に輝いたマンガ『一ノ瀬家の大罪』。11月6日に発売された『週刊少年ジャンプ』49号で最終回を迎えることになり、ネット上でさまざまな声があがっています。

【作者SNS投稿まとめ】『一ノ瀬家の大罪』連載終了までの流れ

 『一ノ瀬家の大罪』の作者は、タイザン5さん。かわいらしい絵柄と壮絶なストーリー展開でヒットしたマンガ『タコピーの原罪』の次回作にあたります。今作では“新時代ホームドラマ”と銘打ち、家族全員が一家で記憶喪失になってしまった中学生・一ノ瀬翼を主人公に、『タコピー』同様、読者の心をえぐるダークな人間模様などを描いていました。

 部門3位という好成績を残した「次にくるマンガ大賞2023」の最終結果発表(8月末)からわずか2カ月後の連載終了ということもあり、X(旧Twitter)上では打ち切りと見る向きが強い様子。

 それに伴って、前作『タコピー』に対して否定的な声があがっていることに対し、「過去の作品までさかのぼって悪く言うのはおかしい」「手のひら返しではないか」といさめる声が。「人気漫画家でもヒット作を出し続けることは難しい」という指摘も見られます。

 また、『一ノ瀬家』が連載終了した原因として「重苦しいストーリー展開を描くのは、ジャンプ本誌向きではない作風」「マンガ家として長期連載には向いていない」と推測する声が見られる一方で、「今作では、全2巻というコンパクトな構成で大ヒットした『タコピー』の路線を踏襲しただけで、それしか描けない作者というわけではないはず」「良い作家だからこれからも頑張ってほしい」と応援する声もあがっています。

 

『一ノ瀬家の大罪』

(出典 news.nicovideo.jp)

関連リンク

タイザン5タイザンファイブ)は、日本の漫画家。 2020年9月22日、ウェブコミック投稿サイト「ジャンプルーキー!」(集英社)に読切『讃歌』を投稿し、2020年9月期編集部期待賞を受賞。 同年10月、『週刊ヤングジャンプ』(同)の1億円40漫画賞に読切『同人政治』を投稿し、政治部門で佳作を受賞。…
6キロバイト (726 語) – 2023年11月6日 (月) 02:04

(出典 collabo-cafe.com)

ネットの反応

一発当たっただけでも大したもんなんだよなぁ

 

 

元々つまらないと思ってた人が「ほらやっぱりつまらない漫画(作者)なんだ」と叩いてるだけでしょ。話が長くなって途中で切る人はいるだろうけど「~までは面白かった」っていうだけで、手の平を返して全部叩く人はマレだと思うよ。

 

タコピーの終盤の展開は当時から賛否あったしそれが一ノ瀬家の醜態からやっぱダメだったよなってなっただけ。最初から連載に向いてない作者だったんだよ

 

読んでても結局何が何だかサッパリわからなかった

 

うるさいッピ

 

他の作者もそうだけど、バズりや人気、過去作の出来は良作名作を生む指標足り得ないよねとしか 何よりバズったから良い作品とも限らんことを忘れないようにしたい (ステマだとまでは言わんけども)持ち上げ過ぎは作品にも作者にも失礼だわ

 

自分には合わない・面白くない で2,3話しか読んだことない作品だったけど、議論するほどの内容なの?

 

連載終了だから失敗作というのも安易な気がするが…

 

このコメ欄にもいるけど異常な憎しみ抱いてるのが粘着してるからね。こういう手合は気に入らない作品と作者にはいくらでも誹謗中傷していいって思考だからどんどんお縄にした方がいい